トピックス

rss
  • HOME
  • トピックス

音楽レーベル「BEAT VOX」の最新情報やニューリリース、
所属アーティスト「山部” YAMAZEN” 善次郎」の最新ライブ情報などを配信中!

2013/11/22 
山部” YAMAZEN” 善次郎~四国ツアー 高知編 其之壱
山部善次郎~四国ツアー 高知編 其之壱

土佐。空が蒼い。遥か彼方まで見える。空気がとても澄んでいた。

5月25日。高知空港に、集合。

メンバーは、岩手の再来だ。

山部善次郎、奥様、監督のS氏。それに僕。

向かえに、高知の主催者、K氏が来てくれている。

彼とは、初対面だ。

しかしそれまでに、電話で何度も打ち合わせをしている。

声の印象そのものの誠実な人柄が伝わって来る


 「 初めまして。今回はよろしく御願いします。 」

みんながそれぞれに挨拶をした。

先ず、向かうは、桂浜。 一体、何年ぶりだろうか???

思い出せない程の時が過ぎていた。

坂本竜馬の銅像が、太平洋を見つめている。

何かの象徴の様に感じた。

午後3時に、LIVE HOUSEでリハーサル。

1部は、山善のアコギの弾き語り。 

2部は、地元のバンド、ファクションズがバッキングしてくれる。

山善は、ヴォーカルに集中出来る体制だ。

僕は、彼らの音を聴いて、嬉しくなった。

かなりの練習を積んでくれている。細かい処を詰めれば行ける。

山善の厳しいゲキが何度も飛ぶ。その声に懸命に対応していた。

今夜のLIVEは必ず素晴らしい時間にする。

ここにいる全員の目指す処は同じだ。

6時開場。

6時半から、前座を務めてくれる、ザ・キャバレーのプレイを見ていた。

GRETCHのリード・ギター。いいフレーズを奏でている。

ヴォーカルもいい。キレのある潔い二人の音だった。

7時を回ろうとしている


「 行こう!!! 」

山部善次郎の登場だ。

大きな拍手に包まれてステージに上がった。

「 青い影 」 

彼の声がHOUSEを、振動させている。

そのまま 「 風の中の誓い 」

イキナリ、全開。山善のハートが燃えている。

その声に吸い込まれそうだ。お客さんも聴き入っていた。


「 こんばんは~高知~~35年ぶりです。1年だけ、松山にいました。
  
  音楽に挫折して、24歳の時です。松山の紙問屋の修行で、働いたとです。
  
  ラジカセひとつしかない。その頃先輩が連れてきてくれました。
  
  桂浜です。今日行って来ました。
  
  陣内から連絡があり、“ キャデラック ”をつかわしてくれませんか??と
 
  ああ~いいよ~と軽く答えました。
  
  その時には、Rockには、何の未練もありませんでした。

  ある夜ジカセから流れて来たのが、この曲
  
  泉谷しげるさん。眠れない夜。」


山善のカッティングにキレがある。

ヴォーカルとのコンビネーションが抜群にいい。

そして、サン・ハウスの名曲。

「 スーツケースブルース 」

オリジナルが、2曲続く。そして新曲。

「 目が見えなくなりたい 」

切ない、LOVE SONGだ。誰もが撃たれる、そんな歌声だった。

山善のMCだ。


「 岩手県、大槌町でこの曲を歌いました。」

「 RUNNER 」

空を見上げれば、輝く太陽 肩を落とした影が 小さく見える

どこまでも続く、この路は 愛する お前が住んでる街まで続く

涙を拭いて 胸を張って 走り出すんだ あの山の向こうまで

雨は突然 嵐を呼び 彷徨う 俺を撃ちのめす

風は囁く  立ち上がれと 愛する お前が住んでる街まで 走り出す

空を見上げれば、 満天の星 溢れる涙は 頬を伝い

流れ星に 想いを込め 愛するお前の街まで 歩きだす                       


                    
             1部、終了。 続く

                                
              by Yasuki                              
            
                 
                ( 敬称略、御許し下さい。)





BEAT VOX(ビート・トレーディング株式会社)
2013/11/21 
なんでやね~~~ん???
ここ数年、PM:9時以降に携帯が鳴る事が増えています。

その殆どが、取引先の担当者。

ビジネスの場を離れれば、友人です。

のしかかるプレッシャーからの声でした。

時間と数字に追い立てられている・・・ひしひしと聴こえて来ます。

心からの叫びでした。

誰かに言わずには、いられない。そんな心理が働くのでしょう。

幸い私は、組織外の立場。言いやすい環境です。

その人の気を紛らわそうと、雑談をするようにしています。

「 ところで、最近どんな感じ??」

「 はぁ、何か変ですよね~」

確かに認識は一致します。しかしその時だけでしか在りません。

それをゆっくり考える余裕さえない。

社員にそれ程の重圧を懸けてもいいのだろうか??

強い疑問に包まれます。

それと同時に沸々と滾るものを感じていました。

余りにも曖昧な責任の所在。結局解らなくなる。

それが意図的なら許されません。

この問題は、企業だけに留まらず、国、政治にも同じ事が言えます。

単なる数合わせと保身に走る人々。

彼らに任せておけるはずが無い!!

皆様にも様々なお立場もあるでしょう。

しかし自らの根本を確かめずには、前には進めません。

何が自分を支えているのか??

これから、この社会に何を求め、何処へ行こうとしているのか??

そんな疑問のヒントになって貰えればいい。

そして少しの気晴らしになって頂ければいい。

この本の原点はそこから始まりました。

誰もが、暗中模索の時代です。

しかしいつもとは異質な空気を感じています。

時代の大きな転換期。強くそう思います。

本文にも書いた事ですが、自分の変化。

それは徐々にではありません。

ある時、突然来ます。

理由やきっかけが有る無しにも関係が在りません。

このままでいいはずが無い。

決意を固めた次第です。

私には、言葉でお伝えする事しか出来ません。

ここまで多くの方々に暖かいご支援を頂きました。

数々の友達、つい寄り道してしまう私に真っ直ぐに進めと・・・

私の心の支えになり、時にはお叱りを、また時には励ましを頂きました。

いつも寄り添い勇気を頂いたミュージシャンの方々。

考え方や物事の捉え方を造り上げて頂きました。

心よりお礼を申し上げます。


    平成 25年 11月 21日

                               
              前田康樹 
2013/11/20 
山部 YAMAZEN 善次郎「少しだけ優しく」CDご購入方法
好評発売中の
山部 YAMAZEN 善次郎「少しだけ優しく」CDのご購入方法は

メールオーダー/お問い合わせフォームからご購入できます。

クリック頂ければメールオーダー/お問い合わせフォームはこちらをクリックしてくださいませ。

BEAT VOX(ビート・トレーディング株式会社)
2013/11/14 
11月14日、おはようございます!!!~~From 山部善次郎
薄暗い朝、すでに、季節は、冬を迎えてる

まずは、煙草を一服。

夜明けは、まじか・・・・

電源に、スウッチを入れる。 寝ぼけ眼で。

朝の歌を書き込む。

皆、起きるの遅いぜ!

STONESの「涙あふれて」が、かかってる・・・・久しぶりだ、RECORDをかけるは。

FACEBOOKの住民が、置き始める。

ポコ ポコ ポコ まるで、キノコが出てくるように・・・・。

  皆、元気だ。

あんたも、今、起きたんだな。

ようし、俺も、安心したよ。

オイラのメッセ-ジが伝わったみたいだ。

 「19回目の神経衰弱」。 ちっと、いや、あまりにも古臭いか?!

ポ-ルも元気だ、ミックも、負けちゃいられないぜ、と、立ち上がって背伸びをした。

 息が、白いぜ。

今日も、「夜をぶっ飛ばそう」・・・・ほどほどにな。 頼むぜ、BABY」。

そんなに若くない。

ほどほどに・・・・・「少しだけ優しく」。

        
            from  山部”YAMAZEN”善次郎  

BEAT VOX / NEW RELEASE

YAMAZEN

YAMAZEN
「少しだけ優しく」

2013/10/31 発売
THR-0103
価格 : \2500 (税込)
全9曲収録

詳しく見る 注文する

商品ラインナップ

BEAT VOXにて取り扱っているYAMAZENのCDおよび前田康樹の著書の詳細は、こちらからご覧ください。

CD books
  • アーティストプロフィール 山部"YAMAZEN"善次郎をはじめ、弊社所属アーティストのプロフィール詳細はこちら。
  • 会社案内 代表の前田康樹およびビート・トレーディング株式会社に関する情報はこちら。
  • 注文ガイド 当サイトでご紹介しているCDまたは書籍のご購入をご注文方法についてご案内いたします。
  • 商品注文フォーム CDまたは書籍のご注文は、こちらにて承っております。メールでご連絡ください。
  • 配送・送料について、お支払いについて
  • 特定商取引法に基づく表記
【返品について】お客様都合による返品・交換は お受けいたしかねます。
詳しくはこちら